任意整理(過払い請求)に向くケース

任意整理に向くのはどういう場合かを考える前に、向かないのはどういう場合か考えてみますと

  • 債務者に働く意欲がない。
  • 高齢でなおかつ失業中であり、しばらく収入の見込みが立たない。
  • ギャンブル・アルコール・薬物依存症などで、その病気の治療の方を優先する必要がある。

以上のように収入の見込みがない人や、収入があっても依存症によって全て収入を使い果たしてしまう人、このような人の場合には任意整理は無理でしょう。

しかし失業中であっても、若くて働く意欲があり、なんとか職を探して頑張るという人はまだ可能性はあります。以上の方以外で「借金は返すんだ」という意欲のある人は、当事務所では全て任意整理が可能と考えています。その中でも特に向くのは、高利のサラ金・クレジット・街金・ヤミ金などの利用者であるといえます。それがなぜかは、<債務整理の比較>の中で任意整理の欄をご覧になって判断してください。

債務整理の方法と情報

イストワール法律事務所

東京都渋谷区道玄坂1-19-11

道玄坂セピアビル9F

債務整理ができる全国裁判所北海道東北関東甲信越東海北陸近畿中国四国九州

Copyright(c) 弁護士法人 イストワール法律事務所