特定調停

特定調停とは、裁判所のもと調停委員が仲介に入り借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額・利息カットなどを協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。

特定調停の条件:
3年間(最高5年)をめどに返済計画が立てられること。
特定調停の費用:
各債務整理の費用をご参照下さい。

特定調停の主なメリット

  • 債権者に対する取引開示要求が定められており、取引履歴に応じた交渉ができる。
  • 特定調停の申し立て後は、債権者による請求・取り立て行為は禁じられているので日常生活に支障が生じない。
  • 競売停止手続きの特則が定められているので、競売がストップする。

特定調停の主なデメリット

  • 支払いが滞ると、調停調書に基づき強制執行をされてしまう可能性が高い。

特定調停の主な流れ

  1. 特定調停の申し立て
  2. 調停委員の仲介による交渉
  3. 特定調停での合意和解
  4. 調停調書の作成
  5. 調停調書に従い返済開始

債務整理の方法と情報

イストワール法律事務所

東京都渋谷区道玄坂1-19-11

道玄坂セピアビル9F

債務整理ができる全国裁判所北海道東北関東甲信越東海北陸近畿中国四国九州

Copyright(c) 弁護士法人 イストワール法律事務所